TOP > 取扱いブランド肉

特選和牛「静岡そだち」

黒毛和牛の雌仔牛だけを厳選し、県内指定農場でオリジナル穀物飼料により、健康的にじっくりと、愛情を込めて育てています。肉質はやわらかく甘みがあるのが特徴です。

遠州夢咲牛

「遠州夢咲牛」とはJA遠州夢咲管内で生産されている牛肉の良さを多くの人に知ってもらうために、肉牛委員会が立ち上げたブランドです。委員会の会員らが肥育した一定の品質基準以上の肉を「遠州夢咲牛」として販売しています。遠州夢咲牛は、快適な環境で、良質なエサを与え、愛情を込めて育てられており、肉質の追求はもちろん、安心して食べていただける牛肉に仕上げられています。
平成9年には、全国和牛能力共進会で内閣総理大臣賞を受賞し、国内最高峰の牛肉になりました。以来、全国的な大会では、常にトップの実績を積み上げ、ブランド牛として全国的にも認知されてきました。肉牛は一般的に、脂の質が旨みにつながるといわれますが、『遠州夢咲牛』はこの脂が良質で、肉質がとてもやわらかく、コクがあって深みのある味わいが特徴です。

ふじのくに夢ハーブ豚(自社農場オリジナル豚)

7種類のブレンドハーブを与え続けることで、肉の臭みが無く、さっぱりとした食味をもたらし、さらに、小麦主体原料も同時に与え続けることで、脂肪が白く引き締まって肉にはサシが入り、赤身の味のノリと脂のコクが付与されました。濃厚な旨味を持ちながらも、臭みが無く、さっぱりとした味わいの豚肉です。

試行錯誤の末に完成したオリジナルブランド豚

創業45年、業務用食肉卸の企業として地元地域に根付いた活動をしています。特に「地産地消」に注力しており、県内及び浜松地域の食材を取り入れた商品づくりを積極的に推進することで、地元のお客様と生産者が繁栄し、共に当社が成長していくことを目指して参りました。 創業当初より、当社代表は「豚肉の生産から販売まで一貫した事業を形成したい。また、その豚肉は、当社独自のおいしい豚肉にしたい」という夢を持っておりました。

生産者と当社代表

豚を育てることに関しては全くの素人ではありましたが、有識者の方々のアドバイスを頂きながら勉強を続け、試行錯誤の末にオリジナルブランド豚「ふじのくに夢ハーブ豚」を開発しました。

いきいき金華

静岡県系統豚の「フジロック」と浙江省原産の「金華豚」を素材に、金華豚由来の「柔らかい肉質、甘み、風味のよい脂肪」と、フジロック由来の「霜降り肉」、両方の特徴を合わせ持った豚です。年間生産頭数が少なく、一般的に普及していない希少価値のある豚肉です。

ふじのくに いきいきポーク

静岡県産銘柄豚『いきいきポーク』は、袋井市のマルス農場で飼育されたSPF豚です。

※SPF豚とは

Specific Pathogen Freeの略で、あらかじめ指定された病原体を持っていないという意味です。高度な衛生管理技術を用いて健康な豚を作り出すことで、抗菌性薬剤の使用量が極端に少なくなります。家畜衛生を中心とした管理技術は、正常な腸内細菌叢の生成と、順調な発育を促し、臭みが無く、やわらかくて美味しい豚の生産を可能にします。

つまり、SPF豚とは、高いレベルの管理技術を持った農場でのみ生産できる、安全と安心と美味しさを追求した豚の代名詞といえます。SPF豚は『無菌豚』ではありません。生食はしないでください。

遠州の夢の夢ポーク

「幻の豚肉」とも称される、静岡県産銘柄豚で、やわらかく、豚肉臭が少ない肉で、日持ちが良い所が特徴です。高級牛肉の味覚に挑戦しています。

ふじのくに いきいきどり

指定農場と植物性飼料原料を主体とした指定飼料で育てています。じっくり育てた鶏は、ここちよい歯ざわりと、コクと風味を持った美味しい肉質です。

ページ上部へ